インプラント相談事務局TOP >> 失敗しないための歯科選び >> 設備の重要性

失敗しないための歯科選び
設備の重要性

インプラント治療設備の重要性について

インプラント手術を行うならば、空気清浄機等が設置されている無菌室に近い手術室があり、使い捨ての器具を使用している環境が望ましいです。
歯科医院の診療室では、歯を削った粉塵が舞っていたりする状態です。
その粉塵などが、インプラントを埋入する際に同時に入り、身体がインプラントを異物と察知した場合、骨と結合しなくなる恐れがあるからです。
手術室がない医院では、休診日に事前に充分に掃除をしてから手術へ臨みます。

また、歯科用CTの設備があると、レントゲン撮影ではわからない部分が、精密に画像に映りますので、インプラント治療の精度が飛躍的に向上します。

その他、治療を安心して受けていただく為に、身体の反応が見られる、モニタリングの設備や、酸素吸入器・笑気ガス(吸入鎮静麻酔)の設置、静脈内鎮静を行う為の点滴セット、手術後に休むことが可能なレストルーム等が完備してあるとよいでしょう。

インプラントオペ室:24時間空気清浄機可動のクリーンルーム

オペ室

歯科用CTは3Dの立体的な撮影が可能です。

歯科用CT

生体モニターは血圧、脈拍、心電図、動脈血酸素飽和度がわかります。

生体モニター

空気清浄機は舞い上がった粉じんやほこりを除去します。

空気清浄機

シリンジポンプは注射を施行する際に使用し、輸液ポンプより少量で、より正確な輸注を必要とする際に使用する。

シリンジポンプ

インプラント手術後の休憩室:レストルーム

レストルーム

このページの先頭へ

Copyright(c) Implant Counselling Office. All rights reserved.