インプラント相談事務局TOP >> インプラント手術について >> 手術当日の流れ

インプラント手術について
手術当日の流れ

インプラント手術当日の所要時間・注意事項

インプラント手術当日の所要時間は、各医院やインプラントの本数などによって違いますが、手術前・手術後のケアを含めての平均的な時間は2時間〜4時間程度で、入院の必要はありません。
手術当日は激しい運動・お酒・煙草・長湯やサウナは控えましょう。
また、基本的に手術開始の1時間前くらいからは、医師から指示された物以外、口にしないようにしましょう。

インプラント手術当日の流れ

Step1

 手術前の準備

手術の前に、お口の中の細菌レベルを低下させる処置をし、繊維が浮遊しない加工の、ゆったりとした手術着に着替えます。

Step2

 オペ室へ入室

血圧計・心電図・パルスオキシメーターを装着後、局所麻酔・鎮静麻酔をします。
(患者さんのご希望により、静脈内鎮静法を行います)

Step3

 手術開始

静脈内鎮静法を行った場合には、寝ている(ウトウトする程度〜熟睡レベルと個人差があります)間に手術が終わってしまいます。
手術自体の所要時間はインプラントの本数や手術の内容により違いますが、平均1時間程度で終わります。

Step4

 手術終了

インプラント手術後は、止血ガーゼを噛んだまま、1時間程度休んだ後、圧迫止血により、出血が止まっているかを確認します。

Step4

 ご帰宅

手術後は歯間が腫れる場合があります。また、内出血により、アザのようなものが現れる事がありますが、一週間もすれば自然と元に戻りますので、心配ありません。
手術後の痛みに関しては個人差がありますが、痛み止めを飲めば治まる程度です。
手術後の食事については、やわらかく栄養のある物を、手術した部分以外の歯で噛んで食べる事が望ましいです。
術後に処方される抗生剤や鎮痛剤については、医師の指示どおりに服用するようにしましょう。

このページの先頭へ

Copyright(c) Implant Counselling Office. All rights reserved.