インプラント手術について
骨が少ない方のインプラント

サイナスリフト(1回法の場合)

上顎左側部インプラント埋入+サイナスリフト術 (顎模型使用)

歯肉を切開・剥離し、上顎骨前壁が見える状態にする

骨の側面に穴を開け、シュナイダー膜を破らないように注意深く持ち上げ、骨を上顎洞側に押し込んだら、インプラントを挿入する穴を開ける。
※シュナイダー膜とは、骨と上顎洞(サイナス)との間にある膜。

開けた穴より、シュナイダー膜を押し上げながら、インプラントを埋入する。

充分な自家骨を充填した後、開けた穴を生体材料でできた特殊な膜で塞ぎます。
※自家骨は骨を削った際に出たものや、骨の充分ある別の部位より集めたもの。

歯肉を縫合する。
※サイナスリフト後、数ヶ月治癒期間を置き、改めて埋入オペをする2回法の場合もあります。

このページの先頭へ

Copyright(c) Implant Counselling Office. All rights reserved.